Copyright(C)2000 HEART product Co., Ltd
 逆浸透膜浄水システムはアメリカ航空宇宙局(NASA)がスペースシャトルでの飲料水確保のため開発・実用化したものです。最先端テクノロジーによって開発された、超微細な0.0001?という孔を無数にもった半透膜を使用することで、さまざまな物質が溶け込んでいる水溶液の中から水の分子だけを選択して透過させる究極の濾過・浄水システムであり、Reverse(逆)Osmosis(浸透膜)の頭文字からR・Oという名称で世界中に広く知られています。
 「水美人」「エコスリム」はこの逆浸透膜浄水システムの採用で、従来の濾過方式では不可能と考えられていたダイオキシンを始め貴金属・ウィルス・環境ホルモンなど、水道水に含まれるあらゆる有害物質をほぼ完全に除去し、限りなくH
20に近い、安全で高純度な水(純水)をつくりだします。
水道検査数値
水道水 浄水

180、4μ s/cm
00年10月大阪にて検査

8、86μ s/cm

μ s/cmの単位は水の純度をあらわします。
水質、180、4μ s/cmから 8、86μ s/cmまで数値は下がっております。
「水美人」「エコスリム」を使用することによりきれいで安全な水を提供できます。
各地域や季節によって異なる場合があります。